タウリンの摂取量と副作用

タウリンの摂取量と副作用

タウリンはアミノ酸に似た成分で、タコやイカなどの魚介に多く含まれています。
コレステロールや血糖値を下げ、肝臓の働きを高める働きをします。
そのため脳卒中を予防することが出来たり、糖尿病を予防、改善することが出来ます。
また、疲労の回復や視力の回復に役立ちます。
不足すると、脳卒中や動脈硬化のリスクが高まります。
タウリンは食事から摂取することが出来ますが、栄養ドリンクやサプリメント等にも含まれています。
1日の摂取量の目安は500mg程です。

 

タウリンを過剰摂取すると、汗や尿によって体外に排出されてしまいます。
それで、過剰に摂取しても副作用はありません。
そのため、1日の摂取量には制限がありません。
しかし、栄養ドリンクの飲み過ぎには注意する必要があります。
沢山飲めば効果があるように感じるかもしれませんが、カフェインや糖分が含まれています。
摂取し過ぎると、カフェイン依存や糖尿病のリスクが高まります。
身体の健康のためには、一つの成分だけを沢山摂ろうとするのではなく、バランスの良い食生活が大切です。
疲労を回復したり、病気を予防するためには睡眠も大切です。
毎日を元気に生きるために、食事や運動、睡眠等、生活全般に気を配りましょう。