EPAが含まれる食材とその効果について。

EPAとはエイコサペンタエン酸のことで、健康に良いと大変注目されています。
EPAは青魚に多く含まれておりブリやサバやサンマ等に多く、一番含まれている魚はマグロです。
そして意外と知られていないのですが魚以外にもこのEPAが含まれている食品があります。
それは大豆、くるみ、栗等です。魚が苦手な人はこれらを積極的に摂取しましょう。
その他今の現代ではサプリメントでも気軽に摂る事が出来ます。
次にEPAが体に及ぼす効果ですが、一番有名な所ですと動脈硬化の予防でしょうか。動脈硬化の原因である血小板凝集を抑制するんです。つまり血栓ができにくくなり動脈硬化の他に高血圧や糖尿病の予防にもなります。
後は、アレルギーの改善にも役に立ちます。EPAはアレルギー炎症の原因であるプロスタグランジンを作るシクロオキシゲナーゼやリポキシゲナーゼなどの酵素の生成を抑制する効果があります。アレルギーの中でも花粉症に悩まれてる方は多いと思いますがその改善にも大変期待できます。
最後に精神を安定させる効果もあります。ある国の実験で魚の摂取量が多い国ほどうつ病の人が少なく、普段から魚を食べている人は自殺の確率が低くなるそうです。
このようにとても優秀なEPAを普段の食生活の中でどんどん取り入れていきましょう。

 

EPAサプリに関してはこちら⇒EPAサプリ