今、注目の油成分。クリルオイルとは

最近、多くの方が検診で指摘されているのが脂質異常症です。毎日の食生活で摂取している脂質が過剰なためおこる病気なのです。これら脂質異常を予防するために必要とされている成分がオメガ3脂肪酸といわれています。オメガ3脂肪酸にはDHAの他、EPA、ALAがあります。身体にとってとても重要な成分で、魚油、亜麻仁油、エゴマ油などに多く含有されていることが報告されています。最近では、これらの他にクリルオイルがあげられるようになりました。クリルオイルという語源は、動物性プランクトンの一種であるオキアミから抽出された油からきています。今の時代、このオキアミをもとに抽出したオイルを商品化している会社も増えているようです。また病気の予防や改善という内容から考えると、一般的に販売されている魚油よりもクリルオイルの方が吸収率は良いことが報告されています。それはクリルオイルの油の方が水との親和性が強く、溶けやすいという理由があるからです。近年、脂質異常症に絡む病気が目立っています。まずはコレステロールや中性脂肪を下げることから考えましょう。そのために毎日の食生活に使う食材の中にクリルオイルを利用することをおすすめします。多くの方が、その効果に絶賛されています。